旅行

歴史とロマンと哀愁と。生野銀山を観光するの巻

生野銀山は、リアルだった。……マネキンが。

竹田城跡へ行ったGW、同じ兵庫県朝来市にある生野銀山(いくのぎんざん)も見学してきたんです。

なんでも、近代化産業遺産だそうで。

全国各地には、我が国の産業近代化の過程を物語る存在として、数多くの建築物、機械、文書が今日まで継承されており、これらは、自らが果たしてきた役割や先人たちの努力など、豊かな無形の価値を今に伝えています。経済産業省では、これらの歴史的価値をより顕在化させ、地域活性化の有益な「種」として、地域の活性化に役立てることを目的として、これらを「近代化産業遺産」として大臣認定……
arrow_r 近代化産業遺産(METI/経済産業省)

正直、まったく興味がありません。
が、せっかく生野まで来たことだし、地元の方がガイドしてくださると言うし、行ってみるべ!

生野銀山

生野代官所、とある。

天正6年に織田信長が生野に代官を置き、その後、豊臣秀吉、徳川家康と続いたらしい。
明治22年には皇室財産となり、明治29年には三菱合資会社に払下げ。
昭和48年には鉱量枯渇等により坑内生産中止。鉱山部門閉山。

と、ながーい歴史を持つ生野鉱山。

 

生野銀山

山の中ではこんな感じで作業していたよーという模型。生野銀山

アリの巣のよう。
人ひとり通るのがやっとの狭さ。掘る面積がなるべく小さく済むように、かがんだ状態で通る。
考えただけで息苦しくなります。

ガイドさんの説明を聞きながら1時間ほどかけて坑内をまわりました。

生野銀山
薄暗く、湿っぽく、ひんやりとした坑道。

ガイドさんの説明で印象に残っているのは、

・手作業で掘っていた江戸時代の頃は、水死による事故が多かった。
地下水が一気に噴き出し、逃げきれなかったらしいです。近代になり爆薬などを使うようになってからは、崩壊による事故が多くなる。

・40歳まで生きれば長寿の祝い。
掘削によって鉱物の塵を吸い込むため、多くの人が数年で肺の病気を発症、亡くなったらしい。人間50年と信長は謡ったけれど、それよりはるかに短い人生だったとは。

所々で作業員を模したマネキンがいて、当時の作業風景がイメージしやすい。生野銀山

地下水に濡れながら薄暗い中で黙々と働き続けるマネキン作業員(彫りの深い外国人顔のマネキン)に、哀愁を感ぜずにはいられません。

もしかしたら、明るい華やかな場所で、オシャレな服に身を包んでポージングする人生を送っていたかもしれないのに。
一生、この日の当たらない冷たい場所で働き続けるのか。

……なんてどうでもいいことを ガイドさんが一生懸命に説明してくれる中、考えていたわけです。

あるかないかも分からない(たぶん、ない。)マネキンの人生に思いを馳せて、私の生野銀山観光は終わりました。

1-DSCF3340-001

だってなんだかリアルなんだもの。

 

関連記事

  1. 旅行

    【ハワイのホテル】 憧れのラグジュアリーホテル「ハレクラニ」、泊まってみたらこんなとこ

    一度は泊まってみたいと思っていたホテル、ハレクラニに泊まることができた…

  2. 旅行

    【旅の途中日記】ホノルルの交番へ行くの巻

    マウイ島からオアフへ移動し、ホノルルで迎える最初の朝。ダイヤモンド…

  3. 旅行

    【北海道~大阪~京都旅行記/電車編】 郡山から北海道まで電車で行くよの巻

    母のお伴で北海道、大阪、京都へと4泊5日の旅行をしてきました。総勢22…

  4. 旅行

    【ハワイ旅行】 ハワイへ行くけど、どこのツアーを選べばいいのかな

    12月にハワイへ旅行することになりました。「もう歳だし、海外へ行く…

  5. 旅行

    【グアム ホテル備忘録】アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

    今年7月の初旬頃、大人3名&1歳10ヶ月の姪の子と一緒にグアムへ行って…

  6. 旅行

    【北海道~大阪~京都旅行記5】 トワイライトエクスプレスの思ひ出

    前略 姉上様トワイライトエクスプレスの車窓から見た、日本海に沈…




最近の記事

  1. 暮らし

    スカイツリーがドーン!と目の前に広がる天空ラウンジTOP of TREE
  2. 食べる

    【美人のお取り寄せ】サンクゼールの飲むお酢 スイートビネガーを飲んだ
  3. 旅行

    日記@トワイライトエクスプレス
  4. 旅行

    天空の城 竹田城の理想と現実。日本のマチュピチュってどんなトコ?
  5. 旅行

    【北海道~大阪~京都旅行記6】 大阪・京都観光は、城、寺、人、人、人
PAGE TOP